フルハーネス型安全帯とは

フルハーネス型安全帯とは

日本使用されている安全帯は胴ベルト型安全帯であることが多いのですが、海外などではフルハーネス型安全帯が一般的で、近年日本でも注目されつつあります。では、フルハーネス型安全帯というのは、墜落防止に特化した世界最大のメーカーの製品です。

ズームのフルハーネス商品を見る

この製品にはいろいろと特徴があるのですが、大きな特徴は快適で高い品質であるということ、米国の規格に適合しているということです。欧米ではこのフルハーネス型安全帯しか使用が認められていません。

というのも胴ベルト型安全帯よりもフルハーネス型安全帯の方が抜け落ちる心配がないこと、万が一落下してしまったときに荷重が胴部に集中しないなどのメリットがあるからです。胴ベルト型安全帯の場合、適切な使用方法をしていないと落下してしまったときに腹部を圧迫して内臓に損害を受ける可能性があるのですが、フルハーネス型安全帯の場合その危険性がありません。身を保持する格好の安全帯ですので、吊られた時も自然な姿勢を保つことが出来ます。

フルハーネス型安全帯は胴ベルト型安全帯に比べて高価であるということ、利点を示す具体的なデータが日本ではまだあまりないことから普及はそれほど進んでいないですが、これからどんどん日本でも利用されていく安全帯であると考えられます。

トップページ