安全帯利用上の注意

安全帯利用上の注意

安全帯を利用することは大切ですが、間違った使い方をしていては意味がありません。かえって危険になってしまうこともありますので、安全帯は正しく使用しなければなりません。ここでは安全帯の利用上の注意点について紹介したいと思います。

まず、安全帯のランヤード、フックを垂れ下げないように気をつけて、引っかかりを防止するようにしてください。狭い通路などを歩いていると、ランヤードやフックが垂れ下がっていると構造部材や足場材などに引っかかってつまずいたりする可能性があるので危険です。安全帯を使用するときはフックを掛けて使う場合以外は、ロープ・ストラップなどを収納袋などにしっかりと納めるようにしましょう。

安全帯にもいろいろな種類があるのですが、ストラップ巻取式安全帯の場合は走ると非常に危険です。巻取器が自動車のシートベルトと同じような機能を持っていますので、急に走ったり飛び降りたり、突発的な行動を取るとロックがかかりかえって危険ですので注意するようにしてください。

また、安全帯のロープ、ランヤード、ベルトなどはナイロンなどの合成繊維ですので、火気や高熱などに非常に弱いです。触れると変質してしまったりする恐れがありますので、それらに近づけないように注意するようにしましょう。

トップページ