安全帯の大切さ

安全帯の大切さ

安全帯というのは高所で作業する人にとってはとても大切な道具です。命を守ってくれる道具ともいえる安全帯ですが、安全帯の大切さや重要性をあまり理解していない人も多くいます。そのため、非常に残念なことではありますが、安全帯をつけていなかったがために高所から転落するという事故がたくさん起こっているのも事実です。

事故を防ぐためには安全帯を自分自身ですすんでつけることが大切です。高所での作業では何が起こるかわかりません。あのとき安全帯をつけておけば良かった・・・と後で後悔しても遅いのです。自分は大丈夫!などと思わず安全帯をきちんと装着することが大切です。

そのためには監督者が作業員に対して不安全行動に対して注意を払うことも大切です。安全帯をきちんとつけていなかったり、フックをかけていない作業員が居れば強く注意しなければなりません。それでも言うことを聞かない場合は退場してもらうのが妥当です。作業員間で注意しあわなかった場合も厳重注意の処分を受けるようにすることが大切です。それだけ安全帯は大切で、守らなければならないルールに例外はないのです。

トップページ